お知らせ:お盆にはまた更新していきます

岡田和人 いびつ 1巻 レビュー

スポンサーリンク
いびつ作者別岡田和人

歪んだ性癖 まさにいびつな愛が織りなすえっちな物語、いびつ1巻 レビューです


出典:いびつ ♭.1 (ヤングチャンピオン・コミックス) Kindle版 岡田和人  (著)

しょっぱなから痴漢に合うヒロイン(まどか)。この痴漢の犯人だとまどかちゃんに勘違いされた主人公との出会いから物語が始まります。この後も、制服姿でスカートをまくり上げられた別アングルのヒロインを楽しめたり、痴漢がさらにエスカレートしてお尻から前のほうまで触ってくる描写、クールに装いつつも不快な様子が感じ取れるヒロインの心理描写も楽しめ、非常にそそります。

出典:いびつ ♭.1 (ヤングチャンピオン・コミックス) Kindle版 岡田和人  (著)

主人公が痴漢と勘違いされるわけですが、結局この手の主は誰だったんでしょうか。

うらやましい

出典:いびつ ♭.1 (ヤングチャンピオン・コミックス) Kindle版 岡田和人  (著)

痴漢した(冤罪)の代わりに脅迫として、自分の下着を主人公に持たせいろいろと屈辱的な状態にして写真を撮るまどか。鎖骨の浮き出た感じや絶妙な胸チラ具合と脱ぎ掛けのパンツがえっちで気に入ってます。ヒロインのこんな胸チラシーンは今後何度も出てくるので性癖に刺さる人にはお勧めです。

出典:いびつ ♭.1 (ヤングチャンピオン・コミックス) Kindle版 岡田和人  (著)

主人公の働くアダルトグッズショップに来たまどか。

スレンダーな体型、制服姿、もうすべてが最高です。エロい場面がたくさん出てくるのでこういう普通の場面としょっちゅう見比べてしまいます。うーん。かわいい。



出典:いびつ ♭.1 (ヤングチャンピオン・コミックス) Kindle版 岡田和人  (著)

主人公の趣味である人形作り(ラブドール?)をまどか見られ、口外しない代わりに人形と疑似セックスしてる様子を撮られる主人公。まどかのパンツが気になっておかずにする主人公。興奮してさらに足を開いてパンツを見せつけるまどか。

出典:いびつ ♭.1 (ヤングチャンピオン・コミックス) Kindle版 岡田和人  (著)

上の階から落ちて引っ掛かり宙ぶらりんになる主人公。動けないことを良いことに、ズボンを脱がすヒロイン…というかこういうのは普通逆パターンが多いイメージですね。動けない女の子に好き放題する、壁尻みたいなものは個人的に大好物です。携帯で撮られ、さらに裸になったムスコに息を吹きかける…考えるだけでぞくぞくします。そして写真に撮られ、包茎?と聞かれる屈辱。ヒロインはこのプレイ(?)の後でわずかに頬をあからめて濡れるシーンがあり、この背徳感がまた最高です。クールなのにこういうちょっとしたデレの破壊力は抜群でえっちだと思うんです。

出典:いびつ ♭.1 (ヤングチャンピオン・コミックス) Kindle版 岡田和人  (著)

主人公が働く店のオーナーのアケミさん。おっぱいの大きな大人の女性が出る作品としては同作者様のパンストもデビューしたいですね。おっぱいは正義。1巻では乳輪がチラっと出る程度でしたが今後に期待です。ワンピース姿で常にくねくねしてるのがえっちです

出典:いびつ ♭.1 (ヤングチャンピオン・コミックス) Kindle版 岡田和人  (著)

ヒロインに見つからないようにオナホールの使用感を試していた主人公。いろんなところに隠れながらのオナホ使用…のシーンはどこまで需要があるのかわかりませんが、そんな主人公を探す間もヒロインのパンチラ、胸チラシーンがふんだんに描かれています。それだけでも十分見所ですが、その後あと少しというところでヒロインに見つかる主人公。さらに手が負傷し、オナホールの使用感をレビューできなくなってしまい、このシーンに続きます。オナホールを主人公に着けてもらうシーンに3ページを費やす作者様は天才でしょうか。臨場感を感じて非常にゾクゾクします。そしてオナホールでヒロインにしごいてもらうシーンをさらに自撮りする羞恥プレイ。レベルが高すぎます(笑)


出典:いびつ ♭.1 (ヤングチャンピオン・コミックス) Kindle版 岡田和人  (著)

遠目で分かりづらいですが、主人公がイッた瞬間のヒロインのちょっと困惑したような表情?なのか焦りなのか、いろんな妄想が膨らんで興奮しますね。いじめてることで興奮しているのか、初めて射精の瞬間を目の当たりにしてちょっとびっくりしてるのか、後者の方が個人的にそそります(笑)強がってるけどちょっと恥じらう感じ…良いよね。

出典:いびつ ♭.1 (ヤングチャンピオン・コミックス) Kindle版 岡田和人  (著)

ニーソフェチ大歓喜のオハナシ。えっちなシーンも良いですがこの脚がイチバンえっちだと思いました。なんやかんやあって主人公が全裸(なんでやねん)なって動画撮られながらヒロインのニーソを脱がせます。脱がすためだけに5ページ費やす作者さんはホント素晴らしいなと思いました。その後脱がせたニーソでオナニーして果てる主人公の背徳感も素晴らしいながら、オナニーしてくださいと命令したヒロインのなんとも楽しそうな、でも戸惑っているような微妙な表情とモジモジした描写が最高にえっちだと思いました。

出典:いびつ ♭.1 (ヤングチャンピオン・コミックス) Kindle版 岡田和人  (著)

1巻最後の話では二人はめでたく(唐突に)発泡スチロールにまみれてキスして終了

そのほか扉絵もいちいちエロいです

背徳感あふれるシチュエーションと抜きどころ多数で非常に実用的な漫画

いびつ 1巻レビューでした!


タイトルとURLをコピーしました